こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 宮田屋がロケ地に!!

お知らせお知らせ

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 宮田屋がロケ地に!!

宮田屋珈琲 豊平店がロケ地になりました!!

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の試写会に参加させていただきました。

こちらの映画は

難病の筋ジストロフィーを抱えた実在の人物を演じる大泉洋さん主演の映画です。

筋肉が次第に衰えていく筋ジストロフィーを発症した、

鹿野(しかの)靖明さんと24時間態勢で彼を支えたボランティアさんたちとの交流を描いております。

鹿野さんと同じ北海道出身の大泉さんは、脚本を読み、「生きざまに衝撃を受けた」と語り、

鹿野さんの生前の映像を見たり、ボランティアに関わった人に話を聞くなどして役作りをされたそうです。。

難病を抱えながらもハンデと捉えず、自分のやりたいように“ワガママに”生き抜いた生涯。

タイトルの通りバナナが食べたいと思えば、深夜でも自ら集めたボランティアさんにお願いする。

『障がいがあるから』と遠慮することなく

どこまでも対等に人と向き合い続けた鹿野さんの人生が描かれてました。

ついつい元気カフェのスタッフを思い出しちゃいますが

みんなにあらすじを伝えると、私たちも観にいきます!!と目をキラキラさせていました。

元気カフェのスタッフは、見た目に分からない知的障害という障がいがあります。

意思疎通が上手く伝えられませんが、時間をかけると、気持ちや愛は伝わります。

自分の出来る事を率先して、自分には何が出来るか、考え、お仕事に一生懸命に励んでおります。

社会人マナーや人と人との関わりを日々訓練し私生活も楽しんでいるんです!!

この作品の中の鹿野さんに出会い、きっと想うものがあり、またひとつ大人になると思います。。。

鹿野さんのような、勇気を持ち、自分の想いを人に伝えられるように訓練し、寄り添いたいと思います。。

 

本当にいい映画でした。。。

講談社ノンフィクション賞大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞の作品です!!

 

。。本日は宮田屋の日。。

珈琲豆が全品10%OFF!

珈琲器具も10%OFFです!

※元気カフェでは商品や珈琲豆の種類が限られます。

詳しくは、スタッフまで。。。

みなさまのご来店お待ちしております。

記事一覧へ >